戻る
タイトル POLYSTAR社のインフレ機はベトナム市場の品質基準を上げました
2020-09-28

ベトナムのプラスチック産業は、同国が持っている多くのユニークな利点のために、過去5年間で大きく成長しました。低コストでありながら高品質のプラスチック製品を生産できることは、米国、日本、ヨーロッパ、オーストラリア、カンボジアなどの輸出に適していました。また、同国は1億人近くの人口が多く、魚介類の包装、工業用フィルム、農業用フィルムなどの分野でも、現地市場の需要が高まっています。


2016年以降、Polystarはすでにベトナムの42の生産者と提携し、一般包装(ゴミ袋、野菜や果物の袋、ショッピングバッグ)、魚介類包装、工業包装などの様々な用途向けに187台のブローフィルム押出機を販売しました。


導入されたPolystar社のインフレーション機の多くは標準的な1層式の機械ですが、ベトナムのユーザーは、既存の機械(ほとんどが中国製および現地製)と比較して、POLYSTARの機械に、多くのポイントで違いを感じています。フィルムの質、より高い出力容量、より低い消費電力、および、均質な厚さの制御など。


最終製品(フィルムと袋)の品質が向上したことで、生産者は市場での競争優位性を築くことができました。効率性の向上は生産コストの削減につながり、毎年の成長・拡大に有利になっています。


フィルムの品質基準を上げる

ロンアン省に位置する生産者であるVolga社の場合、品質の面ですでにLLDPEバッグの地元市場に向けて品質基準を上げた商品を供給し始めました。"私たちは全く同じ材料を使用して、より良い品質のフィルムを生産することができました。"とトゥアン氏は言います。2018年に最初のPOLYSTARを導入した後、2019年にはさらに10セットのPolystarに投資しています。"これにより、市場で大きなアドバンテージを得ることができ、より良い販売価格を指示することができるようになりました。" Volgaは現在、現地市場で最高品質のフィルム製品を生産しており、フィルム製品の90%以上がPolystarマシンからのものです。


より高い生産性。低いオペレーションコスト

ホーチミン市にあるもう一つの製袋会社、タムサオ社は、高品質でありながら低コストのビニール袋を生産できることから、月産300トンから月産800トンへと拡大しており、現在ではヨーロッパ、タイ、カンボジアに輸出されています。


"私たちの目標は月産1,500トンまで拡大することで、市場での競争力を維持するためにPolystar社のブローフィルム押出機に大きく依存しています。オーナーのホー氏は、2016年初頭から、中国製のブローフィルム機を一台ずつPolystar社の押出機に入れ替えてきました。"シンプルな機械でこれほどまでに操作に大きな違いが出ることに驚きました。"正直に言うと、機械への初期投資が以前の機械サプライヤーの倍以上になっていたので、価格を見たときには、より高価な機械に投資することに当初は疑問を感じていましたが、4年前に正しい決断をしたことが後になってとても嬉しく思っています。"


2019年の現地訪問で成功と急成長の秘訣を語ったホー氏は、全体のオペレーションコストを入念に計算し、より良い機械に投資した方が実はコスト削減になることが分かったと話しています。"機械投資は、実際には、材料費、電気代、スペース代、人件費などを含む当社の総運営コストの比較的小さな割合です。


"と付け加え、"適切な機械に投資すれば、これらの他のすべてのコストが下がり、投資は1年以内に戻ってきます。"とホー氏は強調し、"これは、当社を他の競合他社よりも優位に立たせた最も重要な要因と言えるでしょう "と言っています。


実際のユーザー体験の詳細を聞かれると、ホー氏は次のように語ってくれた。"これまでの機械では、数ヶ月後に電気部品の不具合があちこちで発生していました。実際に並べて比較してみないと、品質の違いは分からない」とのことでした。


Polystar社の機械に切り替えてからは、オペレーションコストと人件費を大幅に削減できたとHo氏は満足しています。"同じ製品をポリスターのツインヘッド55mm押出機で生産すると、以前の同スペックの機械に比べて生産量が2倍近くになりました。工場のスペースやオペレーションコストを大幅に削減し、少ない台数、少ないオペレーターでより多くの製品を生産できるようになりました。


さらに生産コストを削減するために、同社では炭酸カルシウム化合物(CaCO3)やリサイクル材を非常に高い割合で使用しています。"Polystar押出機では、高い割合のCaCO3を配合することができ、時には単層で60~80%まで配合することもあります。"と彼は強調し、"これは他の機械では以前は不可能でした。"と述べています。


シンプルで安定した操作性

ポリスター社の機械のみを設置した新工場を最近完成させた業歴15年前の会社、ミン・ホイ・ロン氏は、シンプルで安定した操作性が、拡大のための長期的なパートナーとしてPOLYSTARを選んだ主な理由だという。


"当社のオペレーターは、POLYSTARインフレーションフィルム押出機での作業が大好きで、私もそうです」と、数十年前に技術オペレーターだった頃から機械を扱ってきたオーナーのBai氏は言います。


"当社のオペレーターは、機械を起動してフィルムバブルを安定させるだけで、機械は何時間も稼働し続けます。シンプルで安定しています」と彼は付け加えました。


"これまでの他の機械での経験では、生産が安定していなかったため、常に戻って設定を調整しなければなりませんでした。"より多くの生産廃棄物が発生し、我々のオペレータは一度に複数の機械を管理することができませんでした」とBai氏は冗談交じりに言った。"Polystarの機械はいつも早朝に開始する最初のものなので、その後は他の機械で仕事をすることができます。"


インフレーションフィルム機の安定性は、製袋機や印刷機など、生産工程に関わる他の機械の製品安定性も保証しています。Polystar押出機の均一な厚さ制御は、生産されたフィルムロールが後の工程にの生産効率を十分に上げることを確約するものです。- それは製袋および印刷プロセスをはるかに容易にします。"製袋機はよりよく密封でき、少ない不良品で済むのです」とBai 氏は言います。「私達の顧客が幸せならば、私達はより幸せです」。


輸出市場向けにはPolystarでの生産比率100%で対応

2016年から30台以上のポリスターを投資しているドンナイ省にある上場企業は、輸出割合いが100%の新工場を設計している。ゴミ袋、バッグオンロール、レジ袋、ショッピングバッグなど様々な製品に力を入れており、ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカに100%輸出しています。


"私たちは国際的なバイヤーが工場を訪問してきたときに、機械を見せることを非常に誇りに思っています。"とゴミ袋の生産者のマーケティングマネージャーのサオさんは言っています。"ポリスターは世界的なブランドであり、私たちの製品を輸出する国でもよく知られています。工場見学の際、お客様は当社が高品質の機械に投資していることを認識しており、当社の製品品質へのコミットメントを理解し、お客様が、貴重な長期的なパートナーかつサプライヤーとして当社を選ぶ理由になります」と彼女は付け加えた。


"機械は、我々が生産する必要がある製品の広い範囲をカバーしています。"輸出製品専用の工場の技術ディレクターであるスー氏は、"HDPE、LDPE、LLDPE、LLDPE、バージン、リサイクル、またはCaCO3など幅広くカバーしている "と述べ、"我々は輸出製品にPolystar押出機のみを使用しています。なぜなら、それは我々の顧客が必要とする品質を担保するからです "と説明した。


新しい品質基準は新しい発想から

2016年にポリスターを使い始めたハノイにある有名な映画製作会社Vipacoのディレクターは、市場の変化を目の当たりにしてきました。"過去には、袋の生産市場で台湾からの機械を使用している会社を1つか2つ見つけることができた程度でした。今ではベトナムの至る所でPolystarを見かけるようになりました。"ある意味では "日本とアメリカの輸出市場に焦点を当てているトゥアン氏は、"Polystarはベトナムの市場と業界全体を変え、標準的な機械のための新しい基準を設定しました。"と付け加え、"より多くの生産者は、品質の高い機械のためによりよい機械に投資すべきであることを理解し始めています。"

Top 戻る