We have noticed that your browser language is set to English.

戻る

市場回収品のリサイクルにPOLYSTAR押出機とFIMICフィルターが最適

2020-04-15

POLYSTAR押出機とFIMICフィルターは市場回収スクラップのリサイクルを可能にします.


市場回収スクラップをリサイクルする工場にとって、自動的にスクリーンフィルターを効率的にクリーニングする機能は重要なポイントです。紙シール付きのスクラップやミルクボトル、シャンプーボトルなどの再生は異物が多く問題でした。
しかしながら、ほとんどの解決策は高い投資コストに加えて、メンテナンスコスト、スペアパーツや消耗品コストも非常に高いものでした。このためにオペレーションコストは下がらず、投資回収期間は長くなってしまっていました。


POLYSTAR押出機とFIMICレーザーフィルターのコンビネーションはリサイクルのプロフェッショナルにシンプルでコストが低い解決策を提供します。投資コストだけでなく、メンテナンスコストも低いため、オペレーションコスト全体も低くなり、リサイクラーに大きな利益をもたらすことが可能になります。
納期は短く、投資回収は短いうえに、稼働開始に至る期間も短くて済みます。


POLYSTAR押出機とFIMICレーザーフィルターのコンビネーションは2016年から稼働を開始しています。アメリカ、スウェーデン、イギリス、オーストラリア、トルコ、コロンビア、ポルトガル、ロシア、ガーナ、ラトビアなどで導入済みです。また、日本やカナダでも導入が間近です。



POLYSTAR押出機とFIMICレーザーフィルターのコンビは2016年から稼働している


FIMICのメリット

FIMICのレーザーフィルターは非常にシンプルです。そのため、作業者は30分でフィルターの交換を終えることができます。一方で他のフィルターメーカーのものは一般的に1時間半から2時間を要します。


少ない初期投資と、低いオペレーションとメンテナンスのコスト

FIMICレーザーフィルターは前段に予防的なフィルターを設置する必要があります。これはレーザーフィルターを想定外の異物から守るためでもあります。スクレーパーはスクリーン表面に付着した異物を回収する役割を果たします。


FIMICレーザーフィルターは異物が一定量溜まったときににのみ排出されるので、歩留まりが下がりません。他のフィルターでは連続的に排出される機構のものもありますが、歩留まりはFIMICフィルターのほうが良いと言えます。


少なくとも他のヨーロッパのフィルターに比べて、スペアパーツのコストは圧倒的にFIMICのほうが安くなっています。


メンテナンスコストが安いのはPOLYSTAR押出機を導入するメリットの一つです。


POLYSTAR押出機のメリット

POLYSTAR押出機のデザインは非常にシンプルです。そして最も焦点を当てているのが、リサイクラーが安定して稼働させることができることです。これにより、稼働率が上がり、製造コストを低減することができます。


ユーザーが簡単に操作できるため、作業者の初期トレーニングや機械の運転指導などに要する時間が大きく減ります。デザインがシンプルであれば、作業者のメンテナンスも簡単になります。


安いメンテナンスコスト、とりわけスペアパーツコストは、ヨーロッパのメーカーに比べても2分の一から3分の一程度に低減することができます。


POLYSTARは全てのスペアパーツをストックして、ユーザーの機械が停止している期間を最短にするように準備しています。
ギアボックスなどの重要なパーツでも7日以内に配送が可能です。これは、通常であれば3から6ヶ月を要することが殆どです。
POLYSTARはシーメンスやシュナイダーの電機部品を採用しています。ユーザーはシーメンスやシュナイダーなどの部品を各国で独自に入手が可能です。


切り替えロスの低減―異なる材料の切り替え作業が早く済みます。 リサイクラーはよく材料や色の切り替えをしなくてはなりません。POLYSTAR押出機は切り替えの時間を30-40%削減することができます。従って、製造ロスも他の押出機に比べて少なくて済むのです。


一段式ルーダーでも 二段式ルーダーでもFIMICフィルターを500kgから1,000kg/hの範囲でPOLYSTAR押出機に接続することが可能です。POLYSTAR押出機の二段式は脱ガス機能を強化できる一方で、FIMICは2段式ルーダーでフィルタレーションを効率的にします。



接続は簡単です

押出機とフィルターの製造段階において、POLYSTARとFIMICは連携をとります。この緊密な連携が顧客の要望に添ったカスタマイズを可能にします。
両社が機器の接続のために必要な情報を出し合い、両社の協業が完成します。


インストールとスタートアップの段階では、POLYSTARとFIMIC両社の技術者が同時に立ち会い、運転指導を協同で行います。


アメリカのテネシー州でリサイクル事業を行うMr.Irvinは「セットアップは簡単でした」と述べています。彼は2018年にPOLYSTAR押出機とFIMICレーザーフィルターをセットで設置しました。
主に、コーヒー用の袋やピーナッツ袋を再生加工しました。「エンジニアが来たけれども4日で立ち上げが終わりました」
彼の仕事はこの設備のコンビの成果で拡大し、2021年にももう一ラインを追加で設備することになっています。


ロシアのリサイクラーであるユーロポリマーは1時間あたりの生産能力が750kgの二段式押出機を導入しました。「POLYSTARとFIMICの両社はすでにとても協業に慣れていましたね。すでに何年も協業していたようですし、お互いによく知っているようでした。このプラントは我々のために本当によく働いてくれます」
この工場ではロシアの市場回収スクラップのリサイクルを行っている。
「POLYSTARもFIMICもシンプルな操作性に焦点を当てているのでメンテナンスコストも低く済みます。これは、この競争の激しい業界で利益水準をコントロールできるという大きなメリットを生んでいます。」


スウェーデンのリサイクラーの場合、POLYSTAR押出機とFIMICレーザーフィルターの導入は全てリモートで行われました。昨今のコロナウイルスの蔓延により、両社の技術者が渡航できなかったためです。
「通常のやり方とは異なりましたが、イントールは成功しました。両社のチームの準備と行動には感謝しています。」


機械とスペアパーツの納期は迅速です

低いメンテナンスコスト、簡単なセットアップとオペレーションに加えて、もう一つのメリットは納期です。


POLYSTARの時間当たり500kg/hの押出機の納期は6-12ヶ月の納期が必要な他社に比べて4-5ヶ月納期が早くなっています。

Top 戻る