We have noticed that your browser language is set to English.

戻る
【ロシア】増加するPE/PPリサイクルへの取り組み
2020-01-03

廃プラスチック(PE/PP)をリサイクルし、高品質のペレットとして製品化するには、分別(素材分別)、減容、洗浄、乾燥、ペレット化などいくつかのプロセスが必要となります。

以下の動画をご覧ください。


廃プラスチックのペレット化を行う上で最も重要なのが、脱ガスと異物除去の工程です。
これらの要求が高いリサイクルには、2段式ペレタイザーが好まれて導入されています。 

洗浄された材料は遠心分離式乾燥機に送られます。そこで、自然熱と摩擦により乾燥されます。この工程により、次の押出機へと送られる材料の状態を一定に保つことができます。そして、材料は一段目の押出機へと送られ、異物除去及び、脱ガス(ベント2箇所)されます。(これには高効率の真空システムが装備されています。)その後、オープンエリアを通過し、最終の脱ガス工程を経た後、二段目の押出機へ送られます。


二段目の押出機に送られる材料は、洗浄後、二度の異物除去工程と、三度の脱ガス処理が施されており、更に再び、押出工程を組合せることで、より高い品質のリサイクルペレットの製造が可能になります。 


ロシアのベルゴロド市にあるリサイクル業社は都市の廃棄物処理に従事しており、設備を全て備えています。 最初に紙、ガラス、金属、そしてプラスチックを自動で選別します。
プラスチックは、1)PETボトル、2)HDPE及びLDPEフィルム、3)硬質プラスチックの三種類に選別されます。洗浄ラインは2組あり、1組はPETボトル用、そしてもう1組がプラスチックフィルム用です。洗浄、乾燥され、ポリスター社のペレタイザーで製造されたペレットにより、主に野菜用のプラスチック箱が製造されています。

ロシアのリサイクル業におけるポリスター社の実績:
2012年以降、ロシアでのポリスター製ペレタイザーの設置実績は68セットです。

そのうち、45セットはリサイクル業者です。  


ロシアでの協力会社EVROPOLIMER社は、深い専門知識とサービスチームを持ち、リサイクルに関し適切でシンプルなご提案をすることができます。また設置、技術指導、そして部品やメンテナンスのサービスを提供することが可能です。

Upcoming Russian exhibition in 2020 Interplastica
: ロシアでの展示会

Hall : 8

Booth : B24

A live-demonstration of POLYSTAR pelletizing line will be shown. Come and discuss with us about post-consumer recycling and circular economy.

ペレタイザーのラインを実際にデモンストレーション致します。ぜひお越し下さい。

Top 戻る