We have noticed that your browser language is set to English.

ベトナムのフィルム製造業者が工場内リサイクルをPOLYSTARで効率化

2017-01-22

2016年9月、ハノイのフィルム製造工場がPOLYSTAR Repro-Flexを設置して以来、2週間に一度のメンテナンスを除いて24時間ノンストップオペレーションを継続しています。生産品目は幅広く、HDPE、LDPE 、 LLDPE、OPPなどです。加えて、ストレッチフィルムや蒸着フィルムなども製造しています。これらの生産工程から排出される工程ロスを時間400-500kg/hの能力で再生加工しています。


この工場は毎月1,700トンの生産量があり、ベトナムでは最大かつ高品質のプラスチックバッグの製造工場です。製品の95%以上は日本やヨーロッパに輸出されています。


この工場のスタッフは数百人いるが、「POLYSTARマシンには1台に一人のオペレータしか配置しない」と工場長のグエン氏はコメントしています。 「マシンは自動ロボットのように操作が簡単なのでオペレーターはこのマシンで作業したいと考えています。」


グエン工場長が最も感銘を受けたのは、工程フィルムロスから製造した再生ペレットをかなり高い配合率で使用できるようになったことだといいます。イタリア製のインフレーション機で製造しているフィルムにほとんど影響がないといいます。以前使用していたリサイクル機と比べると、製造したペレットの外観は同じですが品質はまったく違うとのことです。 この品質の違いが、生産コストを大きく下げることを可能にしているのです。と、同氏は説明します。


グエン氏のハノイの工場は日本やヨーロッパから生産ラインの視察をする顧客が多数来ます。「POLYSTARのリサイクル機に好印象を持ってもらえます」と彼は付け加えます。「POLYSTARにより可能になる高品質の工程内リサイクルは顧客に安心感を与えることができます。」


この工場では 30-40%の生産アップを計画しており、リサイクル機もPOLYSTARのRepro-Flexを導入することを決めています。これにより、全種類のロスフィルムの効率的なリサイクルが可能になるとのことです。