We have noticed that your browser language is set to English.

戻る
インドでマーケットシェアを伸ばすPOLYSTAR
2018-03-28

Plast India2018の展示会ではPOLYSTARブースの訪問者数は記録的な多さでした。リサイクル機の生産では頭角を現しているPOLYSTARのブースは150㎡確保しました。粉砕機一体型のRepro-Oneと空冷式小型リサイクル機のRepro-Airを展示しました。


インドは世界でもPP繊維の生産量が最も多い国です。したがって、そのPP繊維のリサイクルの需要も大きく、平均して8%の製造ロスをリサイクルする必要があるのです。 バージン原料は工場内でリサイクルされた原料に比べてほぼ2倍の単価となります。インドの中堅、大手の製造業者にとって、工場内リサイクルはコスト削減に大きな意味を持っています。


Repro-One はPPやPEの繊維、成形品、PEフィルム、不織布の工場内リサイクルに非常に適した機種になります。破砕機と一体型となっており、前処理の粉砕工程を経ずに直接投入することができます。Repro-Oneは好感度な金属探知機と連続式スクリーンチェンジャー、真空ポンプを備えています。機械の運転操作を容易にするインディケーターやアラーム機能を備えています。モーターも省エネタイプのモーターを使用しています。


均一、かつ高品質なペレットはフィルム、繊維、不織布、成形品、ブロー製品などの用途で再び生産ラインで使用することができます。PlastIndiaの展示会の期間中に、POLYSTARはブースで一日2回のデモ運転を行いました。PP織布、繊維、印刷付き袋などのリサイクルのデモ運転を行いました。実機の展示は、来場者の大きな関心を呼び展示会期間中に多数の発注に結びつきました。 最終製品の仕様によっては、POLYSTARでリサイクルされたペレットは20%から100%の割合で製品に使用できます。


Ripro-Airは小型かつシンプルでHDPEやLDPEの単層または複層のフィルム、袋などの製造工場で課題を解決することができます。生産量は50kg/時で、一日1トンの生産が可能です。水を使用しない空冷式なので非常にコンパクトで機械が小型です。生産現場の横の小さなスペースでも設置するこができ、生産ロスをその場でペレットに再生します。そのペレットはそのまま生産に使用でき、成型上の問題も発生しません。


インドはPOLYSTARにとって最も重要なマーケットのひとつになっています。過去3年間で大きな成長を果たしました。工業端材のリサイクルと市場回収品のリサイクル合わせて40台以上が設置されました。


PlastIndiaは見込み客だけでなく、既存ユーザーにも会える良い機会でした。そして、最新の技術を皆さんにお伝えすることができました。POLYSTARは来る数年間の間に、まだ高い成長と品質の改善をしていくことができると考えています。POLYSTARはインドの経済成長と共に素晴らしい未来が来ると期待しています。特に、POLYSTARが省エネ、省人化などを通じてランニングコストを削減することと、品質の高いペレットの製造を可能にすることを同時に確率していることで実現できることです。 最も大切なことは、機械は非常にシンプルで、消耗品は交換がしやすく、ユーザーに多大なメリットを与えています。


Source : Ringier

Top 戻る